MONACOINへようこそ(モナコインとは?) | Pyxis

MONACOINへようこそ(モナコインとは?)

やあ (´・ω・`)
ようこそ、MONACOINへ。

 

値段の上下はよくあることだからまずテキーラでも飲んで落ち着いて欲しい。

でも、このコインを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした仮想通貨界隈で、そういう気持ちを忘れないで欲しい。
そう思って、この記事を書いたんだ。

じゃあ、ちょっとMONACOINの世界を覗いてみようか。

まずは、この動画をご覧ください。「投げ合おう、モナコイン」(

説明動画ではなく、宇宙×モナコインで筆者が個人的に好きな動画です笑
凄く気に入ったのですぐに作者に投げ銭をしてきました。ざっくりと言えば、そんなことが出来るのがモナコインです。

1. MONACOINとは?

Monacoin(モナコイン)は数分程度で届き手数料がとても安いネットワーク上の通貨です。

通貨なので買い物ができます。個人が出品しているモナコーヒーなどのオリジナル商品を購入したり、パソコンショップArkでは実店舗(通販でも)でパソコンを購入したりできます。メイドカフェに帰宅することも!

1モナコインが円でいくらなのかは、円とドルのように変化しています。今いくらなのかが見たい場合は、以下のサイトなどを見るとよいでしょう。

参考

Monacoin Charts

Zaifとかbitbankとかで分けてあって価格が少し違うかと思いますが、それぞれの取引所と呼ばれる場所で別々に取引されているので多少の差が生まれています。大きく変わることはないので平均くらいが今の価値です。取引所についてはこの記事をどうぞ。

モナコインを購入できる取引所一覧と比較

Twitter上で送りあえるシステムや、pixivのようにアップされた好きな絵に送れるサイトなどが作られていて、投げ銭として用いられることも多いです。いい絵に向けて “1.14114(いいよいいよ) MONA” から “0.39(サンキュー) MONA”などの語呂合わせの送りあいもよく見られます。

そして、日本で初めての暗号通貨(後述)です。(2014年1月1日スタート)
日本で初めてだから、日本の優秀なメンバーがここに集っています
2ちゃんねるで有名なモナー( ´∀`)というキャラクターを使っています。愛らしい。

暗号通貨については、あんまりプログラムとか触らないよって方はざっくりとイメージで説明してみたので以下記事で。

めちゃくちゃざっくり簡単な暗号通貨(モナコイン、ビットコイン)の解説

難しい話ウェルカムな人向けに技術的な話をすると、

ブロックチェーンという書き換えられない台帳に今までの取引記録を”全て”書き込み、大きなネットワークでそれを確かめ合っているから不正ができない仕組みになっています。
今まで行われた取引なども全て見ることができます。ブラウザから中身を見られるようにしているサイトもあり、以下のサイトに「1」と入力するとモナコインのブロックチェーンがスタートした2014/01/01の記録を見ることができます。

参考

Monacoin Insight

また、取引を承認するためにはネットワークの演算能力で暗号を解く必要があり、演算能力で及ばない悪意ある他者による改変が実質的に不可能となっています。(ネットワーク全体と同じレベルの演算能力を用意しなければならない)
モナコインは90秒毎に取引が承認される設計となっているので、ネットワークの計算能力で90秒くらいで解ける難易度に暗号は調整され続けています。
その仕組みから、暗号通貨(cryptocurrency)と呼ばれます。なぜか日本では仮想通貨とも呼ばれます。

今でも改良は続いていて、Segwitという新機能を世界に先駆けて実装して海外でもニュースになりました。
新しい機能を実装するなどの大きな変更にはMonacoinネットワークで半分以上が賛成する必要があって、Bitcoinなどはそれが上手くいかずに分裂したり手数料が高くなってしまったりしています。

優秀な開発者と熱のあるコミュニティに支えられた魅力ある暗号通貨です。

2. MONACOINの有名なサイトたち

公式のページやよく見られるページをまとめてみました。
困ったらTwitterで #monacoin とタグをつけて呟いてみましょう!(この記事のコメント欄や筆者Twitterにもお気軽に)

公式ページ : https://monacoin.org

開発者が作った公式ページです。
ウォレットと呼ばれるMonacoinを入れておく財布がダウンロードできます。
しかし、公式ウォレットはブロックチェーン(今までの全ての取引)をダウンロードしなくては使えないため、財布として使うなら下のelectrum-monaを使うべきです。
さらに言えば、少量なら自分の財布に入れなくても取引所で買ってそのまま置いておいたり、tipmonaに預けっぱなしにしても問題ないと思います。

ブロックチェーンをダウンロードした公式ウォレットは、その管理に参加することによって報酬を貰える「マイニング」に参加することができますが電気代との損益分岐が厳しいので調べてから参加するのが無難です。

electrum-mona : https://electrum-mona.org

「財布として使うだけなら他のとこが確認してくれたブロックチェーン見たらよくね」という発想の軽量ウォレットです。ブロックチェーンのダウンロードが要らないので軽量。ノートPCやタブレットに優しい。
開発者本人ではなくMonacoinコミュニティで有名な方が作ってくれました。

ウォレットについてもう少し詳しく知りたいかたは以下記事をどうぞ。

モナコインの保管場所と軽量ウォレット「Electrum-mona」(前編)
「Electrum-mona」(後編)

Askmona : http://askmona.org

Monacoinが送りあえる掲示板。暗号通貨の話題から今夜のおかずまで。
新しいサービス開発したよーとかもここで。普段は大喜利とかしてます。
Bitcoinの創始者は行方知れずですが、Monacoinの開発者はたまにここに現れます。
日本の暗号通貨黎明期からの貴重なログもここに。

最近ちょっとモナコインください!の人が多くて荒れ気味かも……?笑
NG機能を上手く使ってください笑

Monappy : https://monappy.jp

買い物したり、絵をアップロードしたり、動画の配信をしたりのMonacoinマルチプラットフォーム

モナコインを始めたら最初にここに登録することお勧めします。詳しいことはこちらで。

「Monappy」でモナコインを使おう、楽しもう

大好評モナコーヒーはここで買えます。
マストドンもあるよ!

ニコニコ大百科 : http://dic.nicovideo.jp/a/monacoin

ニコニコ大百科にも記事があります。
Wikipedeiaより読みやすいと思います。

tipmona : https://monappy.jp/memo_logs/view/monappy/123

サイトではありませんが、twitter上で簡単にMonacoinを送りあえるシステムがあります。
Monacoinを使っていないユーザーにも送れて、そのユーザーも引き出せます。

参考

tipmonaの使い方Monappy

結城浩 氏によって投げ銭してもらうためのリンクジェネレータも公開されています。→ Monacoin.hyuki.net

3. MONACOINを手に入れるには?

買うだけでなく、貰うこともできます。

まず一つ目はモナコインを試してもらうために有志が配布している「faucet」と呼ばれるサイトを利用することです。以下にまとめておきました。

モナコイン(Monacoin)を無料でもらえるサイト(faucet)まとめ

そして二つ目、先ほどのMonappyで絵をアップしたり、物を売ったりして手に入れることもできます。最近は「モナ払いでTwitterのアイコンを描きます!」などの募集も見かけます。自分もTwitterのアイコンを描いていただきました。

三つ目に、普通に買うという方法ももちろんあります。しかし、暗号通貨は値動きが大きいのでそのリスクを理解した上での購入をお願いします。値段が倍変わるなども日常茶飯事な世界ですので。

モナコインを購入できる取引所一覧と比較

また、便利なものを作ると投げ銭を投げてもらったりすることもあります。(例えば先ほどの結城浩氏の「投げ銭してもらうためのリンクジェネレータ→ Monacoin.hyuki.net」など)

何かしらで手に入れてぜひ楽しく遊びましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。