Counterparty、XCPとは?簡単にまとめてみた。 | Pyxis

Counterparty、XCPとは?簡単にまとめてみた。

Monapartyの解説を書くにはまずCounterpartyの説明を書かねば。

書きます。

Counterparty、XCPとは?

Counterpartyではビットコインのブロックチェーンを利用してトークン発行などの追加機能を使うことができます。

そのトークンを発行、交換するのに使われるのがCounterpartyの基軸通貨、XCPです。

トークンの取引などの行動は全てビットコインのブロックチェーンに刻まれるのでビットコインと同様にそれぞれのトークンを不正のできない暗号通貨として使うことができます。しかし、ビットコインのブロックチェーンを使うので行動ごとにビットコインの取引手数料を払う必要があります。

ちなみに、XCPはPoB(Proof of Burn)という方法で発行されました。Bitcoinを「1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr」という取り出せないアドレスに送ると代わりにXCPがそのアドレスに自動的に送付される方法です。これは公正であると共に、burnされたBTCに対応した価値をXCPに持たせることとなります。

つまり、何ができるの?

ウォレット機能

ビットコインを扱うのでウォレットの機能を持っています。1つのアドレスでBitcoin、XCP、トークンを管理します。

送金などに複数の証明が必要となるマルチシグアドレスなどのセキュリティの高い機能も使うことができます。

手数料のビットコインもここから支払われます

トークン機能

Counterpartyのメイン機能です。(多分)

XCPという基軸通貨を使って好きな名前のトークンの発行、交換などができます。有名なトークンは取引所にも上場しています。

そのトークンはビットコインと同じレベルの信頼性を持つので、ただ楽しみのために交換するだけでなく様々な用途に使われています

例えば分散型クラウドストレージサービスのstorjは、資金集めの為にトークンを発行、販売しました。取引記録がブロックチェーンに残るので公正さを高めることができます。

これはMonapartyでも同じ形で資金を集めるために行われています。

他にも、カードの交換に使われるPEPECASHや、研究の為の計算に協力することで貰えるfoldingcoinなど様々なトークンが発行されています。

公式サイトにも使われ方がまとめられています。

参考

カウンターパーティの機能カウンターパーティ

勿論、楽しむためだけのトークンもたくさんあります!

・分散型取引所DEX(Decentralized EXchange)

トークンとXCPの交換が可能です。

分散型、というのは中央集権の逆で個人間で取引される形のことを言います。

投票、賭け

トークンの流れをブロックチェーンで可視化できて変更も不可能なので、投票や賭けにも使うことができます。(国内では賭けは黒に近いグレーです)

 

また将来的には相互にチャンネルを繋いで一瞬で取引できる仕組み(ライトニングネットワーク)を導入予定です。

まとめ

簡単にまとめると、Counterpartyは自由な名前のトークンを発行してトレードできる仕組みです

使い手次第で無限の使い道を秘めています。

 

そして、CounterpartyのBitcoin部分をMonacoinにしたMonapartyが正式サービスを開始しようとしています。

現在BTCの高騰による手数料の高さでCounterpartyは使いにくくなってしまっていますが、Monacoinの手数料はまだ十分に安いので気軽に使うことができます。

要チェック!

 

最後に公式HP。

参考

カウンターパーティ

アクセスしたら勝手に日本語になるはず。ならなかったら左下で変えてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。