僕のニュージーランド旅行記、南天の星空を求めて(6)ークライストチャーチ、ウィローバンク野生動物公園編ー

僕のニュージーランド旅行記、南天の星空を求めて(1)ー飛行機と初めての南天の星空編ー
僕のニュージーランド旅行記、南天の星空を求めて(2)ーアカロア湾クルーズ編ー
僕のニュージーランド旅行記、南天の星空を求めて(3)ーテカポと最高の星空編ー
僕のニュージーランド旅行記、南天の星空を求めて(4)ーマウントジョン天文台とプカキ湖編ー
僕のニュージーランド旅行記、南天の星空を求めて(5)ーマウントクック、フッカーバレートレッキングコース編ー

の続きです。

帰りの飛行機の為にクライストチャーチへ。

五日目

クライストチャーチ、ウィローバンク野生動物公園へ向かいます。

ウィローバンク野生動物公園では国鳥のキーウィをガラス越しではなく間近で見ることができます。
クライストチャーチ空港に近い場所にあるので、旅の最後(最初)に入れると無駄なく回れておすすめ。
料金は$32.50です。

入口には推しへ貢げる寄付ボックスが。
左のケア~カカまでのニュージーランドを代表する5つの野生生物を世界で唯一見られるのがこのウィローバンク野生動物公園の強みです。

見終わった後に推しができたら貢ごう

中に入ると触れ合えるくらいの距離に動物たちがいます。

入口近くにはヤギやワラビ―、白鳥やカモ等見慣れた動物たちがいました。

全世界共通でかわいいカワウソです。

絵がシュール

動物との距離はかなり近い、どころか区切りがなく道を歩いている動物も多いです。
人にも慣れているようでした。

中はあまり広くはないのですが、道が折れ曲がっていて長いのと動物が多いのとで、全てを見ようとするとかなりの時間がかかると思います。

見かけた動物たちの一部をどうぞ。

シャッター前でポーズを決める鶏さん

イケメン


Kune Kune Pig?

確実に鳥頭ではない

担当はギター

高貴

ナンパされそう

いいポーズ

途中には双剣が落ちていました。

手前に映る人が使い手か

小さな動物や雛は小屋の中で展示されています。

貴重なニュージーランドの動物たちも見られます。

まずはトゥアタラ(ムカシトカゲ)。
額に三つめの目があるトカゲです。ニュージーランドの固有種。

ケアです。
いたずら好きで、現地ではカラスのように手を焼く鳥だそう。
ニュージーランド南島固有種です。

タカへです。
飛ぶことができない鳥。
一時期は絶滅したと思われていました。今でも貴重な鳥です。

そしてキウイ。
ニュージーランドの国鳥でもある飛べない鳥。
見られる場所は暗く、撮影も禁止なので剥製の写真を載せます。

暗がりの中でみるキウイは最初見つからないのですが、誰かが見つけて声を上げると皆が見つけはじめ、歓声が上がりました。
実際に見たキウイは動きが細かく、抱き上げたくなるかわいさでした。

ニュージーランド固有の生物も多く、島国の親近感を感じました。
日本でも固有種を守り、次世代に繋いでいってほしいと感じます。

1 Comment

sexygirlnude.com

Yeah, same! I just hate when people don’t give people more
than 10 sec to answer them before being like “the streamer doesn’t read chat”.
Personally, I love people who have a balance of tryhard
and chatting.

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。