「しきさい」「つばめ」H-IIAロケット37号機での打ち上げ詳細発表 | Pyxis

「しきさい」「つばめ」H-IIAロケット37号機での打ち上げ詳細発表

気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)と超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)がH-IIAロケット37号機(高度化仕様)で平成29年12月23日(土)の10時半ごろに打ち上げられることが発表されました。

参考

H-IIAロケット37号機(高度化仕様)による気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の打上げについてJaxa

「しきさい」はさまざまな波長を観測できるカメラ(多波長光学放射計 SGLI)を用いて地球の気候を観測する衛星です。

また、「つばめ」はイオンエンジンを用いて超低高度を飛行し、将来その軌道を使うためのさまざまなデータを収集します。
というのも、超低高度(高度300km以下)を飛行すると空気抵抗を大きく受けてしまうため、常に加速や軌道保持をしないとすぐに墜落してしまうのです。「つばめ」では高効率なイオンエンジンを使って落ちないように飛び続けます。

両衛星については前に記事を書いたので、もう少し詳しい話はそちらで。

参考

気候変動観測衛星「GCOM-C」SpaceSpace

参考

超低高度衛星技術試験機「SLATS」SpaceSpace

さらに、今回のH-IIAロケット37号機には「しきさい」及び「つばめ」をそれぞれ異なる高度の軌道に打ち上げるJAXA開発の技術が初めて適用されています。
今回の衛星は片方だけが超低高度ですが、二つを同時に打ち上げて別々の軌道に入れることができるのです!

 

クリスマス前で地上がカラフルに染まる頃、しきさいとつばめも宇宙へと羽ばたいていくことを期待します!

Image Credit: JAXA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。